企業へのアクセス手段は多いほうがよい

就活生も、転職者も求人を探すのに使うサービスといえば「リクナビ」「マイナビ」ではないでしょうか。

大手の求人サイトですから、まずこの2社に登録しておくことは今やあたりまえのことになっているといってもいいでしょう。 では、そもそも何が違うのか?というと

リクナビもマイナビも提供してもらえるサービスとしてはそれほど変わりません。求人の数はリクナビがちょっと多いですが、 マイナビにしても同じような質の求人を揃えているからコチラも問題ありません。

リクナビとマイナビの使い分けはしない
リクナビとマイナビは使い分けしなくて良いでしょう。どちらも登録しておいてリーチできる企業を増やしておくのが◎といえます。 リクナビにはあってマイナビにはない案件、またその逆の案件もありますから就職難の今の時代においては触手を伸ばしておく方が良いわけです。

転職者にしても同じ事がいえます。リクルートエージェントや、マイナビエージェントといった転職支援のサービスがありますが、これもどちらも登録しておいて問題ありません。むしろ1社だけでなんとかしようというのが間違いで、エージェントから多様なアドバイスを貰いながら進めないと

自分自身のキャリアの棚卸しもしにくいですし、セカンドオピニオン的に活用していくことが転職成功の近道と言えます。